よくある内容

法律相談

弁護士事務所などの離婚相談は、初回無料のところが増えています。離婚するかどうかまだ心を決めかねている状態でも、一人で悩んでいると堂々巡りになる恐れがあります。第三者に話すのは気が引けるという人も多いですが、利用者がどのような相談をしているかまとめてみましょう。よくある内容は、離婚する場合の慰謝料請求や親権の確保、養育費の確保などです。子供がいない場合や一定年齢以上の場合は、財産分与、年金分割などの問題も多くなります。また特定の問題(DVや不倫など)がある場合は、具体的にそちらを相談することも可能です。いずれにしても信頼できる相手であれば、どのようなことであっても声に出して伝えるだけで気持ちが軽くなることは事実でしょう。

弁護士費用はどれくらいか

相談

可能であればすぐにでも専門家に相談したいけれど、かかる費用が心配だという声は非常に多いです。初回無料という事務所が増えているのはとても有り難いことですが、その後の見通しが不透明では躊躇するのも当然でしょう。一概に言えませんが、離婚相談に限らず弁護士への法律相談費用の相場は1時間5,000~10,000円程度です。またトータルでかかる費用項目はいくつかあり、相談料、着手金、成功報酬などのほか、日当や実費といった活動費用が発生する場合もあります。無料とされているのは初回に発生する相談料が多く、そこで正式に依頼した場合どれくらいかかるか概算を見積もってもらうことができるでしょう。おおむね着手金は依頼時点で発生し、結果が希望に沿わなかった場合にも返金を求めることは基本的にできませんので覚えておいてください。お願いする仕事の内容によって着手金の額は変化することが多いです。成功報酬の場合は、どのような結果を成功とするか、定義をあらかじめきちんと決めておく必要があります。

法テラスで費用を援助してもらえることも

相談

法テラスというのは、日本司法支援センターのことです。法的トラブルの解決に役立つサービスや情報提供を目的として、総合法律支援法に基づき設置された法人です。法テラスも初回無料で離婚相談できますし、どうしてもすぐに弁護士費用を用意できないがすぐにでも離婚したいといった場合は、法テラスを利用するのもひとつの選択でしょう。法テラスでは弁護士費用を一時的に立て替えてくれる制度(代理援助制度)があり、利用できれば支払いに余裕を持つことができます。もちろん費用がゼロになるわけではありませんが、生活を落ち着かせ、新たなスタートラインに立ってゆっくり費用を支払っていくことも可能でしょう。何より目の前の問題を解決し、人生を立て直すことが先決です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中